生年月日などわからなくても当たるのか

- 生年月日などわからなくても当たるのか

生年月日などわからなくても当たるのか

何かをするとき、少しでも知識や情報があった方が成功しやすくなります。
そして、占いについても情報が必要です。これは、人気が高まっている電話占いでも変わりません。もしも、相談したときに例えば生年月日などの情報がわからなければ、占ってもらえないのでしょうか。鑑定は、はずれてしまうのでしょうか。

生年月日は必須なのか

そもそも、占いと聞くと生年月日を使うようなイメージがありませんか。確かに私たちが日常よく聞くものには、必須というものが多いです。例えば九星気学、西洋占星術、タロットカード、四柱推命などが挙げられます。これらは生年月日からさまざまな分類をしたり、道具を使うときの判断材料にも使っています。生年月日をもとにして、統計や経験を活かせるというわけです。
一方、生年月日を使わない占いもあります。実はこれらは普段の生活であまり馴染みがないものが多いです。たとえば、霊視や透視、チャネリング、オーラ、波動修正といったものです。なんのことかわからない人も多いでしょう。しかし、これらは占いサイトでは一般的な占いとなっており、よく目にします。

知らなくても相談できる

よく目にすると言うことは、それだけ占いを依頼できることになります。必須と言う占いだと、占ってもらえないこともあります。もしもできたとしても、知らないまま占っているので当たる確率は、下がってしまいます。
わからないときには、霊視や透視などを利用するといいでしょう。そもそもこれらは、霊感を使ったり、霊やその他の不思議な存在を使ったりするため、生年月日を使いません。ただし、恋愛など出会いが関係するのであれば、相手がどんな人かといった特徴は伝える必要はあります。しかし、個人情報も細かく伝える必要性は一般的な占いよりありません。
当たる確率ですが多くの人が当たったとか悩みが解決したと言う声が聞こえてきます。占い師が不思議な力をもっているのと同時に、経験を積んでいるからです。経験を積むほど当たる確率は上がります。占いサイトの占い師は、最低でも数年以上、多くは10年以上、さらに20年以上が多いです。その結果、当たる確率が上がっています。

個人情報を伝えても安全

生年月日はもちろん、その他の個人情報もなくてもいいのですが、知っていればなにかに使えるかましれません。知っておいて損はありません。占い師に伝えても守秘義務があるので漏らしませんし、サイトもプライバシーマーク取得などをして個人情報を守るのに力を入れています。

電話占いでは、生年月日は知らなくても鑑定を任せることができます。

関連記事:

△PAGE TOP

Copyright(C)2020 電話占いでも占い師との距離が大事?占い師との関係をよくするための距離の取り方や相談の仕方について All Rights Reserved.