占いジプシーにならないようにするためには

- 占いジプシーにならないようにするためには

占いジプシーにならないようにするためには

YouTubeをほんの数分動画を見るつもりだったのが、何時間もたっていたことありませんか。ついつい次の動画と探していくがちです。昔はネットサーフィンが話題になっていました。
ところで占いジプシーという言葉をご存じですか。これも先に挙げたYouTubeのように占い師をわたりあることです。これって危険だと認識していますか。

どんなデメリットがあるのか

占いもお店にいくものから、電話占いへと変わっています。電話一本ですぐに占いができる時代です。わざわざお店にいく手間はないため、24時間誰でも鑑定してもらえます。
ところが、便利になってから出てきた問題が占いジプシーなのです。
これは、占い師の鑑定が自分の思い通りでないときに、次の占い師へと移ります。そこでダメならば、また次へと移ります。これを繰り返すことで、経済的にも破綻してしまうのです。
頻繁に占い師を変えなくても、過度に占い師に相談を繰り返してしてしまい、その結果経済的に破綻してしまいます。
電話占いも長く話すほど高くなりますし、なかなか自分から中断はしにくいです。その結果、経済的に苦しくなるのです。

電話を掛け方に注意

占いジプシーになった体験談もネットで見ることができます。中には十数万円も使ったなんて女性もいます。気がつけば電話ばかりかけていたり占い師の言葉を信用しすぎて、周りの人とのコミュニケーションでトラブルが起きることもあるので、簡単に片付けてはいけません。
一番の対策としては、電話を掛けないことです。占いジプシーとなると、これがすぐにはできないようです。
占いジプシーにならないためにも、回数を減らすことから始めましょう。もしくは時間を短くして鑑定料金を下げることから始めましょう。
目の前に時計をおいて時間を決めておき、時間を過ぎたら通話はをやめるのです。また、かけるのも月に何回までと決めておきましょう。
支払いもクレジットカードではなく銀行振込やコンビニ払いと手間のかかるものにすると、面倒臭くなってきて、減らしやすくなります。

依存症と考えること

そして、占いジプシーは占い依存症と捉えると怖さも感じるはずですし、真剣に対策をしなきゃと感じるでしょう。相談も占い師ではなく、家族や友人を優先しましょう。
根底には悩みがあるはずですから、その解決が見つかれば占いジプシーにはなりません。
電話占いは利用してもいいのですが、常に適度な回数の利用を心がけましょう。

関連記事:

△PAGE TOP

Copyright(C)2020 電話占いでも占い師との距離が大事?占い師との関係をよくするための距離の取り方や相談の仕方について All Rights Reserved.