電話占いでも占い師との距離が大事?占い師との関係をよくするための距離の取り方や相談の仕方について | 電話占いでも占い師との距離が大事?占い師との関係をよくするための距離の取り方や相談の仕方について

霊視ってどんな占いか知りたい

電話占いには不思議な占いがあります。名前だけ見ると怪しげに感じるかもしれません。ところが対面の占い師や四柱推命やタロットカードといった占いより当たるといった体験もよく聞きます。
ここでは、占いサイトでよく見かける霊視について解説します。これを得意とする占い師も多いので、知っておくべき占いに間違いありません。

どうやって占うのか

霊視という言葉もなかなか聞きません。しかも、対面しなくても、鑑定できますから不思議な占いです。
実際に占うときには、相談内容を占い師に伝えます。恋愛相談だと相手もいるでしょう。その時には相手のことを強く念じてください。自分の場合には、その悩みをしっかりと念じてください。
相談の説明が終われば、占いに入ります。この時、占い師は気持ちを集中させて相談者の守護霊や祖先の霊との交信を始めます。占い師が占いを始めますといってしばらく黙っていることもあります。何もしていないのではなく、交信をしていたり、守護霊からのメッセージを読み取っていますから、この間は静かにしておきましょう。しばらくすると、占い師から相談に対する結果が伝えられます。
相談者だけでく家族や恋人や友人のことでも、鑑定は可能です。この時に誕生日や仕事など個人に関することを伝えなくても構いません。ただし、名前や年齢や人柄は、聞かれたら答えた方が鑑定しやすくなるようです。

霊視では相談内容を問わない

こうした霊視を頼むときには、相談内容が気になります。恋愛相談でも、片思いからお付き合いしてからの悩み、結婚相談や不倫の相談もうけています。仕事でも新しい事業の成功するかや職場での人間関係も占ってくれます。健康についても占ってくれます。霊視の方が受け付けてくれるジャンルも多いので、占いに詳しくないという人にもおすすめです。占ってもらうと、悩みの解決策やこれからの未来についての答えを出してくれるでしょう。
こうした霊視は、たとえばお付き合いを申し込まれたときや相手と結婚していいのか、仕事を変えていいのかなど、人生の転機になりそうなとき、大きな決断が必要となったときにも大いに役立つでしょう。

過去のことも占える

不思議な力を使っての占いもあって、現在ことやこれからのことだけでなく、過去も占えます。たとえば、恋人の過去やどんな人なのかも改めて知ることができます。結婚していいのかと悩んだときに、過去も含めて恋人の人間性を知ることにも使えます。

霊視は多くの人が利用していて、実は人気の高い占いです。1度は体験してみる価値はあります。

波動修正の効果にあなたは驚くかも

占いって不思議と思いませんか。人の運気や金運や健康運など、目に見えないものの動きがわかるからです。実際には統計学に基づいていたり、経験に基づいています。数をこなせば当たることも多いです。
ところが経験よりも不思議な力を使って、占える方法があります。そのうちの1つが、波動修正です。これを使う占い師も多いので、ぜひ知っておきましょう。

波動って何?誰にもあるもの?

波動と言うのは誰にでも持っている力を指します。その波動は生命エネルギーとも言えます。このエネルギーは目に見ることはできません。 これが充実していれば、相談者も元気や意欲を感じるられますし、活発になります。運気もいい方向へと向かっていきます。すると、仕事や恋愛や人間関係でいい結果となるわけです。
ところが、生命エネルギーが低下していくと、体はもちろん気持ち的にも落ち込んだり、集中できなくなり、仕事や人間関係でもミスを起こしやすくなります。運気も下がっていきます。
悪いことがたて続くに起きた経験は誰にでもあるでしょう。それは運が勝手に悪くなったというより、自らそう導いているのです。

波動修正を対面でなくてもできるの?

対面でなければできないのではと思うかもしれません。しかし、実際には電話占いで電話をしながら波動修正をしてくれます。時には、鑑定が終わった後でも占い師が、何日間か継続して波動修正をしてくれるケースもあります。実際に効果があったと言う声も多いです。占い師も結構な数の人が波動修正を行っています。電話占いの世界ではポピュラーな占いです。
運気が変わったり物事がスムーズにいくだけでなく、波動修正してもらったら疲れがとれた、リラックスできた、癒されたなんて効果を体験した人も多いです。

どんなときに利用したらいいの?

こうした波動修正は、実はどんな相談でも効果を発揮できると言われています。確かに波動修正を行う占い師の相談ジャンルを見てみると、恋愛から仕事、人間関係とかなり幅広いです。ですから、悩みが出たらどんなタイミングでも相談してみるといいでしょう。
悪いことが続いている、運が悪い、ミスが続いているときに利用することをおすすめします。波動修正をしてもらって気分をリフレッシュしたり、リラックスすれば解決へと向かうでしょう。
人の性格としてもネガティブ思考やマイナス思考に特におすすめです。こうした人ほど自ら波動を悪くしてしまうからです。

波動修正をすると、あなたの運気を変わっていきます。試してみたら、その効果にきっと驚くでしょう。

相談の仕方をしっかりと覚えてこう

同じ占い師を利用しても、満足する人と不満に感じる人とわかれます。占いも昔は対面でしたが、今では電話占いが中心です。 電話占いは、対面よりも当たりやすいと言われています。それなのになぜ不満を感じたり、鑑定が外れるのでしょうか。
やはり相談の仕方に左右されているようです。

ダメな相談の仕方とは

相談をする人もそれまでに、占い経験があるかどうかで相談の仕方も変わっているようです。2回目や複数回経験してくると、だんだんと相談もうまくなっていきます。初回の時ほど仕方を知っておかないと、不満はもちろん占い自体嫌いになるかもしれません。まずは、だめな相談を知っていきましょう。
最初に料金が気になって、早口になってしまうことです。占い師には高齢の方もいますし、電話ですので聞き取りにくくなりがちです。そうなると、占い師が何度も聞き直すことになり、余計に時間もかかります。その結果鑑定も雑になってしまいます。
次に相談の説明が不足していることです。こちらも料金を気にしていたり、初回の人ほどやりがちです。何で悩んでいるのか、関係者は誰か、相手がいればどうしてほしいのか、どんな経緯があるのかなどを説明してください。時系列にも注意してください。
そして、タメ口などの言葉使いです。占い師の言葉使いがよく問題になりますが、実は相談者の方も問題です。特にお金を払っていると言う意識で失礼な態度をとるようです。すると占い師も言葉に出さなくてもわざと悪く言うサゲ鑑定をして、嫌な気分にさせたり、こなせないようにすることがあります。

時間に余裕を持つこと

相談で他の人が関係するとき、相手の情報が不足しすぎているのもよくありません。相手がいたら、たとえば名前、生年月日、仕事、人柄は答えられるように準備しましょう。相手とのエピソードもあると占い師も鑑定しやすくなります。
そして、なんといっても時間に余裕を持つことです。予算もある程度準備しておくと、相談も早口にする必要もありません。相談の説明も短くなったり、不足することにはなりません。
説明するときも、文章を短く切っていくと伝わりやすくなります。話すときもゆっくりと話したり、キーワードを繰り返し使うなどするのも効果的です。
占い師への質問も短く主語をはっきりして聞くと、答えも分かりやすく返ってきます。

電話占いは相談がスムーズにできれば、鑑定もいい結果になりやすいです。不満を持たないように、相談の仕方の意識を高めましょう。

占いジプシーにならないようにするためには

YouTubeをほんの数分動画を見るつもりだったのが、何時間もたっていたことありませんか。ついつい次の動画と探していくがちです。昔はネットサーフィンが話題になっていました。
ところで占いジプシーという言葉をご存じですか。これも先に挙げたYouTubeのように占い師をわたりあることです。これって危険だと認識していますか。

どんなデメリットがあるのか

占いもお店にいくものから、電話占いへと変わっています。電話一本ですぐに占いができる時代です。わざわざお店にいく手間はないため、24時間誰でも鑑定してもらえます。
ところが、便利になってから出てきた問題が占いジプシーなのです。
これは、占い師の鑑定が自分の思い通りでないときに、次の占い師へと移ります。そこでダメならば、また次へと移ります。これを繰り返すことで、経済的にも破綻してしまうのです。
頻繁に占い師を変えなくても、過度に占い師に相談を繰り返してしてしまい、その結果経済的に破綻してしまいます。
電話占いも長く話すほど高くなりますし、なかなか自分から中断はしにくいです。その結果、経済的に苦しくなるのです。

電話を掛け方に注意

占いジプシーになった体験談もネットで見ることができます。中には十数万円も使ったなんて女性もいます。気がつけば電話ばかりかけていたり占い師の言葉を信用しすぎて、周りの人とのコミュニケーションでトラブルが起きることもあるので、簡単に片付けてはいけません。
一番の対策としては、電話を掛けないことです。占いジプシーとなると、これがすぐにはできないようです。
占いジプシーにならないためにも、回数を減らすことから始めましょう。もしくは時間を短くして鑑定料金を下げることから始めましょう。
目の前に時計をおいて時間を決めておき、時間を過ぎたら通話はをやめるのです。また、かけるのも月に何回までと決めておきましょう。
支払いもクレジットカードではなく銀行振込やコンビニ払いと手間のかかるものにすると、面倒臭くなってきて、減らしやすくなります。

依存症と考えること

そして、占いジプシーは占い依存症と捉えると怖さも感じるはずですし、真剣に対策をしなきゃと感じるでしょう。相談も占い師ではなく、家族や友人を優先しましょう。
根底には悩みがあるはずですから、その解決が見つかれば占いジプシーにはなりません。
電話占いは利用してもいいのですが、常に適度な回数の利用を心がけましょう。

生年月日などわからなくても当たるのか

何かをするとき、少しでも知識や情報があった方が成功しやすくなります。
そして、占いについても情報が必要です。これは、人気が高まっている電話占いでも変わりません。もしも、相談したときに例えば生年月日などの情報がわからなければ、占ってもらえないのでしょうか。鑑定は、はずれてしまうのでしょうか。

生年月日は必須なのか

そもそも、占いと聞くと生年月日を使うようなイメージがありませんか。確かに私たちが日常よく聞くものには、必須というものが多いです。例えば九星気学、西洋占星術、タロットカード、四柱推命などが挙げられます。これらは生年月日からさまざまな分類をしたり、道具を使うときの判断材料にも使っています。生年月日をもとにして、統計や経験を活かせるというわけです。
一方、生年月日を使わない占いもあります。実はこれらは普段の生活であまり馴染みがないものが多いです。たとえば、霊視や透視、チャネリング、オーラ、波動修正といったものです。なんのことかわからない人も多いでしょう。しかし、これらは占いサイトでは一般的な占いとなっており、よく目にします。

知らなくても相談できる

よく目にすると言うことは、それだけ占いを依頼できることになります。必須と言う占いだと、占ってもらえないこともあります。もしもできたとしても、知らないまま占っているので当たる確率は、下がってしまいます。
わからないときには、霊視や透視などを利用するといいでしょう。そもそもこれらは、霊感を使ったり、霊やその他の不思議な存在を使ったりするため、生年月日を使いません。ただし、恋愛など出会いが関係するのであれば、相手がどんな人かといった特徴は伝える必要はあります。しかし、個人情報も細かく伝える必要性は一般的な占いよりありません。
当たる確率ですが多くの人が当たったとか悩みが解決したと言う声が聞こえてきます。占い師が不思議な力をもっているのと同時に、経験を積んでいるからです。経験を積むほど当たる確率は上がります。占いサイトの占い師は、最低でも数年以上、多くは10年以上、さらに20年以上が多いです。その結果、当たる確率が上がっています。

個人情報を伝えても安全

生年月日はもちろん、その他の個人情報もなくてもいいのですが、知っていればなにかに使えるかましれません。知っておいて損はありません。占い師に伝えても守秘義務があるので漏らしませんし、サイトもプライバシーマーク取得などをして個人情報を守るのに力を入れています。

電話占いでは、生年月日は知らなくても鑑定を任せることができます。

△PAGE TOP

Copyright(C)2020 電話占いでも占い師との距離が大事?占い師との関係をよくするための距離の取り方や相談の仕方について All Rights Reserved.